ネイティブ広告 – ブランドコンテンツ – オウンドメディア

ネイティブ広告が注目されるようなったのはバナー広告の効果についての問題が台頭しています。既存の新聞、雑誌の影響力が急減して話題フィードやハフィントン・ポストなどのソーシャルメディアベースのデジタルメディアが浮上し、さらに加速ました。

その代わりに登場したのがネイティブ広告です。消費者が望んでいない情報を開き直すようアピールする方法はその寿命を尽くし、その視線を捕獲のためにネイティブ広告、ブランドコンテンツ、あるいはブランドジャーナリズムという手法が登場しました。

さて、今まで出てきたネイティブ広告、ブランドコンテンツ、ブランドジャーナリズムなどの用語を一度整理していく必要がありますね。ネイティブ広告はブランドコンテンツという、より広範な言葉で表現することができます。つまりブランドがコンテンツというお洒落な服を着て消費者に近付く「作戦」です。ところが、消費者の1次的な目を引くのは、感覚の服(コンテンツ)かもしれないが、その服を着た人、すなわちブランドの好感につながるという論理で説明することができでしょう。

あふれるブランドとコンテンツの洪水の中で、現代人の目を捕らえるための服は実用的でデザインも優れている必要あります。ディテールの中で興味を提供したり、多分贅沢のように「虚栄」を埋めることができなければならこともあります。

ブランドコンテンツは、自社保有メディアであるオウンドメディア(Owned media)を介して提供される場合もあり、既存のペイドメディア(Paid Media)を介して服を着る場合もあります。そのコンテンツのストーリーの中にブランドを接続させることでニュース媒体や放送、ソーシャルメディアなどをはじめ、ドラマや映画、ゲーム、漫画などにも取り入れます。

 

「Plan your next adventure with」「次回の冒険を計画してみましょう」というタイトルのコンテンツは、<ニューヨークタイムズ>に掲載されました。地球儀には赤ピンが差し込まれており、これらの行きたい旅行先を選択すると、すぐに好きな場所のストリートビューを楽しむことができます。

これは<ニューヨークタイムズ>とGoogleが一緒に作ったネイティブ広告です。グーグルマップとGoogle Earthに装飾されたこの広告は、<ニューヨークタイムズ>の「36 Hours」という旅行シリーズの記事とも連携ました。コンテンツを詳しく見てみると「PAID POST | Google」という表示がありますが、最初にコンテンツを接する人は「ああ、これはGoogleの広告なのだ 」と認知することができるでしょうか?このように広告ではなく、自社のサービスをコンテンツに進行することがオウンドメディアの良い活用と見ることができます。

オウンドメディア

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>