「コンテンツマーケティングの7つの誤解

“owd”


1.マーケティングの一時的な流行に過ぎない?


コンテンツマーケティングという概念が新たに聞こえることがあるが実は昔から存在していた。この用語自体は新しいかもしれないが、すでに長い間多くの成果を出してきたマーケティング活動である。 Smart Insightsで600人のマーケティング担当者に質問した結果、コンテンツマーケティングは、2015年最も重要なデジタルマーケティングツールに選ばれたことがある。また、同調査で「直接の成果を出すことができる最も重要なデジタルマーケティングの動向」に最も多く29.6%の回答者がOwned Mediaを活用したコンテンツマーケティングを挙げた。


2.コンテンツマーケティングは速い?


早い時間内に結果を出したいコンテンツマーケティングは、正解ではない。コンテンツマーケティングは、ブランドの認知度を高め、顧客との関係を強化し、顧客の忠誠心を高める優れたマーケティング戦略であるがこれには時間がかかる。


3.コンテンツマーケティングは簡単?


準備なし飛び込む程コンテンツマーケティングは簡単ではない。たくさんの準備が必要だ。にもかかわらず、上記のSmart Insightsの調査によると、実際コンテンツマーケティングを実行する会社の56%程度がしっかりとした戦略を持っていないという。


4.コンテンツマーケティングは安い?


TVや屋外広告、看板など既存マーケティングチャネルと比較して、コンテンツマーケティングは安く見えるかもしれない。しかし、先に述べたようにコンテンツマーケティングは、長期的な目で進行されるという点と、それに応じて継続的に必要とされる時間を総体的に考慮すると決して安いとは言えない。


5.コンテンツマーケティングは、効果を測定することはできない?


Content Marketing Instituteの調査によると、51%のB2Cマーケティング担当者は、コンテンツマーケティングを運用するにあたり直面する最大の課題が「どうやってその効果を実証するのか」ということだ。
大堤効果を感じられないと評価する場合のほとんどの理由は、十分な時間をかけていなかったからだ。コンテンツマーケティングは、長期的な戦略である。成果を出すためには時間が必要だ。


6.コンテンツマーケティングは、よく知られたブランドにでも通じる?


コンテンツマーケティングは、一般によく知られているナイキのようなブランドのためだけのものではない。ターゲットオーディエンスがあり、それらがほしく、必要とするコンテンツが存在する場合は、消費者を直接相手にするB2C企業でもなければB2B企業であれ誰でもコンテンツマーケティングを通じて、マーケティング目標を達成することができる。


7.コンテンツマーケティングは、量が重要である。


そうではない。多くのコンテンツを持っていることはもちろん役立つだろうが、コンテンツマーケティングにおいて、その量は絶対的に重要なものではない。むしろ「量より質」という言葉がここ似合う末日である。

デジタルマーケティング分析「リスニングマインド」とは?

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>