Google広告の面白さ

“digitalmarketing”
最近関心のあるGoogle広告について話していきます。まずはGoogle広告で追っていくべき数値を整理します。
1.インプレッション
2.クリック数
3.クリックしたユーザーのサイト内行動
4.コンバージョンの有無
5.CPC
6.CPA
基本的には以上6点です。
分析フローとしては、インプレッションとクリック数の確認、クリックしたサイト訪問者の分析、そのユーザーのコンバージョン率、CPC、CPAを測定します。これらのフローを分析して改善点を分析します。この広告のメリットは設定した数値をわかりやすく追えることと、訪問者の層がより購入に近い人だということです。デメリットとしては費用がかかってしまう。これのみです。
私が思う広告のメリットはたくさんの人にブランドの認知を測れる、これだと考えます。なぜなら、費用をかけることによって検索順位の上位に自然と自分のサイトが入るからです。正直な話、クリックされなくていいからインプレッションだけが伸びてくれるのが理想だと思っています。
自然検索の順位を上げるのもいいですが、広告を打ってひとまずインプレッションと訪問者を増やしてみるのはいかがでしょうか?
デジタルチャネルの分析

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>