マーケティングで使う分析

皆さんはRFM分析をしっていますか?この意味は、Recencyは最新購買日を表しFrequencyは購買頻度、Monetaryは購買金額です。3つの要素より分析することで顧客からの評価をいただくことができます。
マーケティング分析ではlこのような分析を繰り返し状況を最適化していきます。例えば、RFM分析では来店してから、安過ぎず高過ぎない商品を購入した顧客は低い評価になります
販売代理店を管理するPRMというものもあります。インセンティブとして販売奨励金を出しているビジネスモデルがPRM分析です。これはマイレージと同じ仕組みです。最近では、中小、零細企業もオンラインサービスにして営業の窓口をウェブに切り替えています。またAIを活用して、より効率的な営業を行うようになりました。
R、F、Mの一般的な考え方をご提供します。Rでは高いほど収益性に対する貢献度が高いということを表し、Rが低いとfの部分で悪い評価をえます。Mが高い場合には他社に変更している可能性が高いなどそういったマーケティング分析を行っています。このような分析は繰り返し行うものです。なぜなら情報は日々アップデートを繰り返し、新しくなっているからです。本記事はマーケティングを参照しました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>