オウンドメディアマーケティングがどうして求められているのか

オウンドメディアマーケティングは、特定の所有者がいる場合がほとんどです。
それにも関わらずわざわざオウンド(所有)という名前をつけているのはどうしてかと気になった人も多いでしょう。
オウンドメディアが普及する前の企業のメディアマーケティングと言えば、自社メディアを持っていない事が多かったからです。マス広告やネット広告をはじめとして、「ペイドメディア」と呼ばれる手法です。ただしこのように、所有されないメディアには長年課題もありました。
○オウンドメディアマーケティングのメリットとは何か
・顧客のニーズに合わせて細かくコンテンツを配信できる
・より適切なタイミングでユーザーと接触できる
一方的に企業が割り込む必要はなく、これまでの広告活動だけでは実現できなかったニーズの育成や、ターゲットとの関係を構築する事ができます。
このようなオウンドメディアマーケティングのメリットは、アーンドメディアやペイドメディアなど、他のメディア形態と比べるとかなりわかりやすいでしょう。
○オウンドメディアマーケティングが重要視されるようになってきた理由とは
マス広告を中心とした割り込み型メッセージによって、見こみ客から拒絶されてしまいます。また、すでにニーズがはっきりしているターゲット層の獲得がメインになりやすい広告業では、潜在層の育成もおろそかになってしまいがちです。
最近広告効果をあまり感じなくなってきたというマーケティングの担当者も多いなら、原因はここにあるでしょう。
だからこそオウンドメディアマーケティングが求められる時代なのです。オウンドメディアマーケティングで何が求められているのか

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>