SEO対策って大変です

みなさま、こんにちは。今回はSEO対策についてお話しします。SEO対策とはご存知の通り、検索結果で上位にするための施策です。そして上位にするためには200こ近い要素を満たしてSEOする必要があります。
また、SEOにはそれぞれ優先順位があり、優先度の低いものから高いものがあります。Googleが最も重要視するのは、外部リンクです。他社からの評価が大事のようです。人間みたいですね。次に更新頻度です。フレッシュなサイトの方がいいようですね。野菜と同じような感じですよ。あとは、コンテンツの長さです。情報量が多いということはユーザーのために良いということを表しているということですね。
上記のことからseo対策を行って上位にする炒めにはとことんユーザー目線で施策を行わなければならないということです。
今あげた3つ以外にもあと197こほどの要素があると思うとめまいがしますよ。ただ細かく行って上位に上がったコンテンツを見るとまた頑張ろうと思いますね!
そのために日々企業もブロガーもコンテンツを作ってますから。
SEO対策参考資料

Posted in 未分類 | Leave a comment

マーケティングで使う分析

皆さんはRFM分析をしっていますか?この意味は、Recencyは最新購買日を表しFrequencyは購買頻度、Monetaryは購買金額です。3つの要素より分析することで顧客からの評価をいただくことができます。
マーケティング分析ではlこのような分析を繰り返し状況を最適化していきます。例えば、RFM分析では来店してから、安過ぎず高過ぎない商品を購入した顧客は低い評価になります
販売代理店を管理するPRMというものもあります。インセンティブとして販売奨励金を出しているビジネスモデルがPRM分析です。これはマイレージと同じ仕組みです。最近では、中小、零細企業もオンラインサービスにして営業の窓口をウェブに切り替えています。またAIを活用して、より効率的な営業を行うようになりました。
R、F、Mの一般的な考え方をご提供します。Rでは高いほど収益性に対する貢献度が高いということを表し、Rが低いとfの部分で悪い評価をえます。Mが高い場合には他社に変更している可能性が高いなどそういったマーケティング分析を行っています。このような分析は繰り返し行うものです。なぜなら情報は日々アップデートを繰り返し、新しくなっているからです。本記事はマーケティングを参照しました。

Posted in 未分類 | Leave a comment

SEOは「わかりやすく」がポイント!

“marketing”

SEO対策はグーグルをもとにしてやっていきます。どんな事に気をつけてやっていくといいのでしょうか。


SEOを行う上でのポイントとは!
SEOを行うにあたっては、次のようなポイントを理解していかなければなりません。


・グーグルにわかりやすくページの内容を伝える
・検索キーワードを満たせる記事にする
・リンクを集める事でサイト価値を高める
この3つが的確になって初めてグーグルはサイト情報を正しく発見・評価できるでしょう。
もちろんライバルのWebサイトよりも高評価をとっていなければならないので、特にライバルの多いキーワードは上位表示が難しくなってしまうのです。


「わかりやすく」伝えることに重点を置こう
SEOにおいては、ユーザー側にもグーグルにとっても「わかりやすい」コンテンツを作成していく事が大切です。


いくらユーザーにとって役立つコンテンツで、ユーザーの疑問が解けるようなページになっていても、根底にあるグーグルがそれを認識してランキングに反映してくれなければSEOとは言えません。画像ばかりでテキストの少ないページもSEO対策としては不向きとなってしまうでしょう。なぜなら画像の中に記載されている情報を、グーグルユーザーと同様に認識できない可能性があるからです。


要するにユーザーに明確に見えるものと検索エンジンが認識しているものは異なっているので、ユーザー側にも検索エンジンにも優しいwebサイト作りをする事が重要なのですね。

SEO対策を参考にどうぞ

Posted in 未分類 | Leave a comment

なぜ今「オウンドメディア」が流行っているのか?

“word”

最近「オウンドメディア」という言葉がメジャーになってきました。それだけオウンドメディアの需要が高いという事ですが、その人気の裏側には何が考えられるのでしょうか
オウンドメディアはコンテンツマーケティングがやりやすい
コンテンツというと動画や音声、webセミナー、資料ダウンロードなど様々な形式が思い浮かびますよね。導入ハードルが最も低いと言えば、ブログでテキスト中心のコンテンツを配信する事です。この時ライブドアブログやアメブロなどの無料ブログを用いる事もできますが、ビジネス用ブログとなると長期的に使用するものなので、ドメイン強化につながらない無料ブログは使わない方がいいでしょう。最近はとても簡単にビジネス用ブログが作成できるようになってきています。掲載記事についてはこれまで顧客に対して提供してきたノウハウや、問題解決手段を記事化する事で対応する事ができます。
例えば最も有名なオウンドメディアであるワードプレスは、ビジネス用のブログとしても親しまれており、プラグインも豊富なので機能を新たに追加していけるでしょう。

オウンドメディアとは

Posted in 未分類 | Leave a comment

マーケティングツールって何?何のためにあるの?

“minna”

皆さんこんにちは。今日は、「マーケティングツール」という言葉の意味についてご説明していきましょう。


企業であればマーケティング活動を大体行いますが、その時使う手段が「マーケティングツール」となります。マーケティングツールといっても具体的には4つあり、
・値段
・流通
・プロモーション
・製品


と、まとめて「4P」と呼びます。少し専門的な話になってしまいますが、一言で「マーケティングツール」といっても、
・DSP
・DMP
・タグマネジメント
・アトリビューション
・ログ解析
・CRM
・LPO
・EFO
など、多岐に渡っています。


どうして「マーケティングツール」が必要なのか


そもそもどうしてマーケティングツールを使わなければいけないのでしょうか。企業はお金や時間を売上や顧客獲得に投資していきますよね。マーケティングツールを導入する目的としては、この効率を上げるためがほとんどです。転換にかける効率が上がれば、同じ時間とコストをかけた時に獲得できるユーザーや売上もそれだけ増えていく事になるのです。これがマーケティングツールを導入する上での大きな理由でしょう。

マーケティングツール 「リスニングマインド」とは?

Posted in 未分類 | Leave a comment

企業のFacebookページの使い方

“marketing”
みなさまこんにちは。今回は企業のFacebookページの使い方についてお話しします。
やるべきこと1点、やってはいけないことの1点をお話しします。
1. 有益な情報の提供(やるべきこと)
Facebookを見る人は何を目的として閲覧していますか?面白い情報や周りの人の近況を知りたいからですよね?そういったターゲットには相手にとって有益となり得る情報を提供してあげることが大事です。相手の目的にあっているのでネガティブな印象を与えません。
2. 商品のご紹介などの宣伝(やるべきでないこと)
これをするくらいならFacebookページを作らない方がましです。
Facebookを見ている人は「何かを購入する」という目的の人はいないといっても過言ではないはず。そんな時にこの商品買ってみては?と言われてもいい印象はありません。もし買いたいのならFacebookじゃなくて、購入できるサイトに行きます。
以上2点がFacebookの使い方です。要は商品紹介せずに良い情報を提供しましょうということです。シンプルにこれだけですね。これさえ守ればいいねは増えていくはずです。よかったら参考にしてください。デジタルチャネルの分析

Posted in 未分類 | Leave a comment

Google広告の面白さ

“digitalmarketing”
最近関心のあるGoogle広告について話していきます。まずはGoogle広告で追っていくべき数値を整理します。
1.インプレッション
2.クリック数
3.クリックしたユーザーのサイト内行動
4.コンバージョンの有無
5.CPC
6.CPA
基本的には以上6点です。
分析フローとしては、インプレッションとクリック数の確認、クリックしたサイト訪問者の分析、そのユーザーのコンバージョン率、CPC、CPAを測定します。これらのフローを分析して改善点を分析します。この広告のメリットは設定した数値をわかりやすく追えることと、訪問者の層がより購入に近い人だということです。デメリットとしては費用がかかってしまう。これのみです。
私が思う広告のメリットはたくさんの人にブランドの認知を測れる、これだと考えます。なぜなら、費用をかけることによって検索順位の上位に自然と自分のサイトが入るからです。正直な話、クリックされなくていいからインプレッションだけが伸びてくれるのが理想だと思っています。
自然検索の順位を上げるのもいいですが、広告を打ってひとまずインプレッションと訪問者を増やしてみるのはいかがでしょうか?
デジタルチャネルの分析

Posted in 未分類 | Leave a comment

「コンテンツマーケティングの7つの誤解

“owd”


1.マーケティングの一時的な流行に過ぎない?


コンテンツマーケティングという概念が新たに聞こえることがあるが実は昔から存在していた。この用語自体は新しいかもしれないが、すでに長い間多くの成果を出してきたマーケティング活動である。 Smart Insightsで600人のマーケティング担当者に質問した結果、コンテンツマーケティングは、2015年最も重要なデジタルマーケティングツールに選ばれたことがある。また、同調査で「直接の成果を出すことができる最も重要なデジタルマーケティングの動向」に最も多く29.6%の回答者がOwned Mediaを活用したコンテンツマーケティングを挙げた。


2.コンテンツマーケティングは速い?


早い時間内に結果を出したいコンテンツマーケティングは、正解ではない。コンテンツマーケティングは、ブランドの認知度を高め、顧客との関係を強化し、顧客の忠誠心を高める優れたマーケティング戦略であるがこれには時間がかかる。


3.コンテンツマーケティングは簡単?


準備なし飛び込む程コンテンツマーケティングは簡単ではない。たくさんの準備が必要だ。にもかかわらず、上記のSmart Insightsの調査によると、実際コンテンツマーケティングを実行する会社の56%程度がしっかりとした戦略を持っていないという。


4.コンテンツマーケティングは安い?


TVや屋外広告、看板など既存マーケティングチャネルと比較して、コンテンツマーケティングは安く見えるかもしれない。しかし、先に述べたようにコンテンツマーケティングは、長期的な目で進行されるという点と、それに応じて継続的に必要とされる時間を総体的に考慮すると決して安いとは言えない。


5.コンテンツマーケティングは、効果を測定することはできない?


Content Marketing Instituteの調査によると、51%のB2Cマーケティング担当者は、コンテンツマーケティングを運用するにあたり直面する最大の課題が「どうやってその効果を実証するのか」ということだ。
大堤効果を感じられないと評価する場合のほとんどの理由は、十分な時間をかけていなかったからだ。コンテンツマーケティングは、長期的な戦略である。成果を出すためには時間が必要だ。


6.コンテンツマーケティングは、よく知られたブランドにでも通じる?


コンテンツマーケティングは、一般によく知られているナイキのようなブランドのためだけのものではない。ターゲットオーディエンスがあり、それらがほしく、必要とするコンテンツが存在する場合は、消費者を直接相手にするB2C企業でもなければB2B企業であれ誰でもコンテンツマーケティングを通じて、マーケティング目標を達成することができる。


7.コンテンツマーケティングは、量が重要である。


そうではない。多くのコンテンツを持っていることはもちろん役立つだろうが、コンテンツマーケティングにおいて、その量は絶対的に重要なものではない。むしろ「量より質」という言葉がここ似合う末日である。

デジタルマーケティング分析「リスニングマインド」とは?

Posted in 未分類 | Leave a comment

ネイティブ広告 – ブランドコンテンツ – オウンドメディア

ネイティブ広告が注目されるようなったのはバナー広告の効果についての問題が台頭しています。既存の新聞、雑誌の影響力が急減して話題フィードやハフィントン・ポストなどのソーシャルメディアベースのデジタルメディアが浮上し、さらに加速ました。

その代わりに登場したのがネイティブ広告です。消費者が望んでいない情報を開き直すようアピールする方法はその寿命を尽くし、その視線を捕獲のためにネイティブ広告、ブランドコンテンツ、あるいはブランドジャーナリズムという手法が登場しました。

さて、今まで出てきたネイティブ広告、ブランドコンテンツ、ブランドジャーナリズムなどの用語を一度整理していく必要がありますね。ネイティブ広告はブランドコンテンツという、より広範な言葉で表現することができます。つまりブランドがコンテンツというお洒落な服を着て消費者に近付く「作戦」です。ところが、消費者の1次的な目を引くのは、感覚の服(コンテンツ)かもしれないが、その服を着た人、すなわちブランドの好感につながるという論理で説明することができでしょう。

あふれるブランドとコンテンツの洪水の中で、現代人の目を捕らえるための服は実用的でデザインも優れている必要あります。ディテールの中で興味を提供したり、多分贅沢のように「虚栄」を埋めることができなければならこともあります。

ブランドコンテンツは、自社保有メディアであるオウンドメディア(Owned media)を介して提供される場合もあり、既存のペイドメディア(Paid Media)を介して服を着る場合もあります。そのコンテンツのストーリーの中にブランドを接続させることでニュース媒体や放送、ソーシャルメディアなどをはじめ、ドラマや映画、ゲーム、漫画などにも取り入れます。

 

「Plan your next adventure with」「次回の冒険を計画してみましょう」というタイトルのコンテンツは、<ニューヨークタイムズ>に掲載されました。地球儀には赤ピンが差し込まれており、これらの行きたい旅行先を選択すると、すぐに好きな場所のストリートビューを楽しむことができます。

これは<ニューヨークタイムズ>とGoogleが一緒に作ったネイティブ広告です。グーグルマップとGoogle Earthに装飾されたこの広告は、<ニューヨークタイムズ>の「36 Hours」という旅行シリーズの記事とも連携ました。コンテンツを詳しく見てみると「PAID POST | Google」という表示がありますが、最初にコンテンツを接する人は「ああ、これはGoogleの広告なのだ 」と認知することができるでしょうか?このように広告ではなく、自社のサービスをコンテンツに進行することがオウンドメディアの良い活用と見ることができます。

オウンドメディア

Posted in 未分類 | Leave a comment

オウンドメディアとは?

みなさんこんにちは。オウンドメディアとは何か話していきたいと思います。

簡単にいうと、オウンドメディアは自分が保有する媒体のことです。 まずは、オウンドメディアが登場する前の企業の広告からインターネットが出てきてからの変化をお話しします。

インターネットが出現する以前、企業は自分たちのメッセージを発信するのにTVや新聞、雑誌を使っていました。そのメッセージはCMや広告文という形をとってかなりの金額を払って発信する必要があったのです。 なぜなら、その当時は不特定多数の相手にメッセージを送る手段がなかったため広告という手段を使わざるを得なかったのです。

しかし、インターネットが出現したことにより不特定多数の人とコミュニケーションを取る手段が格段に増えました。 それは企業のホームページやソーシャルメディア、インターネット広告など非常に多様化が進んでいます。そして、この増えていったコミュニケーション手段を整理する概念がトリプルメディアです。

トリプルメディアはオウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの3つに分類されます。 オウンドメディアというのは企業で言えば、会社が運営しているホームページやブログのことです。また、会社が運営しているFacebookやTwitterもオウンドメディアに含まれています。

ペイドメディアとは、伝統的な広告媒体とほぼ同じものです。ただ、インターネットが出てきてからはソーシャルネットワーキング広告やバナー広告、検索広告ペイドメディアです。

最後にアーンドメディアです。アーンドメディアは商品やサービスを口コミで発信するブログやSNSのことを指します。そして、このメディアは消費者からの信頼が強く、企業が消費者から信頼を得るために利用されます。 また、価格.comのレビューもアーンドメディアの一つに数えられます。アーンドメディアは企業が直接作成したコンテンツではなく自然に発生したメディアを指します。

企業はこの3つのメディアを使って消費者にアプローチをかけることが増えてきています。

オウンドメディア戦略 ではその戦略をどのような形で行っていけばいいのか?それには決められたノウハウはありません。企業は自社の製品や現状を考えてこの3つのメディアのどれが効果的なのか考えて戦略を実行する必要があります。

この3つのメディアを調べていると、オウンドメディア戦略についてはそれをサポートするリスニングマインドというツールがあるようです。オウンドメディア戦略には何が必要なのか色々なことが書かれているので、こちらにリンクを貼っておきます。よければご覧ください。

オウンドメディアMarketing Solution「ListeningMind」とは?

Posted in 未分類 | Leave a comment